超オススメ本の紹介   Insight Praxis インサイト・プラクシス


 アーノルド・ミンデルの自伝的とも言える衝撃作。プロセスワークに出会い、この本に出会い、僕は多くの希望と勇気をもらいました。特に、ラディカルな内容の本書を出版するきっかけにもなった章「デス・ウォーク」はオススメ!家族であれ、国であれ、村であれ、現状の苦しみから抜出し世界を新しく刷新しようとする戦士は、「死の行進」をするようにコミュニティから問われます。なぜ調和を乱し、皆を苦しめるような行動をするのかと銃を突きつけられます。でも今や地球や惑星自体が銃を突きつけられて久しく、実はみんなが死の行進を迫られている。変化のためにあなたがそのモデルになりなさい、とミンデルは言っています。
 ユング派の分析家としてスタートしたミンデルが、カルロス・カスタネダとう人類学者の著作に登場する、ドン・ファンというシャーマンをモデルに、プロセスワークとシャーマニズムの関係が描かれています。大地やコミュニティ、ドリーミングなどというプロセスワークの切り口には、シャーマニズムの影響が強く入っています。